2017年8月 旅サポーター養成講座参加者募集

 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいを有する方々の旅(外出を含む)をサポートするために、"旅サポーター"を育成、認定しています。
 「旅」は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために"旅サポーター"の養成講座を受けていただいております。
 8月26日(土曜日)27日(日曜日)に、平成28年第9回目の「旅サポーター養成講座」を開催することになりました。今回も会場は世田谷ボランテイアセンターの予定です。

 年2回、定期的に養成講座を開催でき、お陰様で、"旅サポーター"も現在300名を超えました。ご利用者に関しましては、年々、新規利用の方やリピーターの方々が増え、特に着地でのサポートが多くなっています。ご利用者様のご要望にきめ細かく応じるためにも、多くの方に仲間になっていただきたいと思っております。
 NPOも今年で10年を迎えました。少しずつ私たちの活動も知られるようになりましたが、旅サポーターは、まだまだ足りない状態です。
 多くの方々に、旅サポーターになっていただき、ご一緒に、高齢者・障がい者などが行きたいと思ったときに行きたい場所へ、安全に安心して旅(外出を含む)に出かけられる社会を目指していただきたいものです。そのために私たちはできる限りのお手伝いをしています。
 この会を運営してゆくに当たって、ご利用者の方々をはじめ、旅サポーターの皆様にも会員となっていただいております。正会員又は賛助会員のいずれかをお選びいただき、講座費用と共に年会費をお振り込み込ください。なお、受講生の皆様には、入会金は免除となっております。(下記参照)

 皆様のお知り合いや、旅サポートに興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞご一緒に受講をしていただけますようにお願い致します。

●日時:2017年8月26日(土)、27日(日) 10:00〜19:00/10:00〜19:00
●会場:世田谷ボランテイアセンター 研修室(予定)
東京都世田谷区下馬2-20-14 電話 03-5712-5101
*東急田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅下車徒歩12分(地図参照)
*当会場は10:00開場となりますので、オリエンテーションは行いません。
地図

●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-6300-9191
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●定員:30名
●受講料:14,000円
(内、認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
*受講料が確認された後、受講票をお送りいたします。
●会員(受講者は入会金免除)
年会費 正会員¥3,000 賛助会員¥2,000 
*ボランテイア保険は、初回のみ当団体が負担いたします。次年度からは各自ご負担いただきますようにお願いいたします。(¥300)
*なお、当日、講師の変更、授業時間割の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食(会場周辺にレストランやコンビニがあります) 飲み物
●服装:26日、 27日の両日に実習がありますので、動きやすい服装ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
*26日、27日いずれかの昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真)を行います。
主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会

●講座申し込み(下記内容に記載してお申し込みください)

申込書Jpegデータ
申込書(Jpegデータ)
申込書PDFデータ
申込書(PDFデータ)

●カリキュラム

2017年8月26日(土)
10:00〜11:30 「高齢者、障がいのある方に向けた鉄道の旅」
運輸調査局 情報センター 研究員 渡邉 亮 または 遠藤俊太郎
11:30〜12:30 昼食
12:30〜14:30 「高齢者、障がい者の理解と対応 旅行は大きなインパクト」
三軒茶屋リハビリクリニック 院長 長谷川 幹
14:40〜16:10 「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 長橋 正巳
16:20〜18:20 座学/実習「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
NPO法人ことばの道案内 副理事長  押見 敏昭
18:20〜19:10 「旅サポーターの仕事と流れ、NPOの取り組み」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事長 久保田 牧子
2017年2月27日(日)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者が旅(航空機利用を含む)をする際の留意点  旅行会社勤務時代に学んだこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 室井 孝王
12:00〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:30 「障がい者・高齢者 当事者からのメッセージ」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 滝口 仲秋
14:40〜16:10 「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師 小野 鎮
16:20〜18:50 座学/実習「障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
三軒茶屋リハビリクリニック(理学療法士)  中島 鈴美

↑このページの先頭に

 

2017年2月 旅サポーター養成講座参加者募集(養成講座修了しました!)

 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいを有する方々の旅(外出を含む)をサポートするために、"旅サポーター"を育成、認定しています。
 旅は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために"旅サポーター"の養成講座を受けていただいております。
 2月25日(土曜日)26日(日曜日)に、平成29年第1回目の「旅サポーター養成講座」を開催することになりました。今回も会場は世田谷ボランテイアセンターの予定です。

 年2回、定期的に養成講座を開催でき、お陰様で、"旅サポーター"も現在300名を超えました。ご利用者に関しましては、年々、新規利用の方やリピーターの方々が増え、特に着地でのサポートが多くなっています。また、今年の初めにはアメリカからのご利用者様もお迎えいたしました。ご利用者様のご要望にきめ細かく応じるために、多くの方に仲間になっていただきたいと思っております。
 2020年の東京オリンピック&パラリンピックをきっかけとして、今後ますます外国からの観光客も増えてゆくでしょう。私たちも、国内のご利用者の方々をはじめ、日本に来られる海外の障がいを有する方々や高齢者など支援を必要としている方々のお役に立つように、昨年の5月に、東京ユニバーサルツーリズムセンターを設立いたしました。NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会と、ユニバースツーリズムの両輪として、協力し合い、ますます大きく羽ばたいて行こうとしています。
 今回の講座を機会に、多くの方々に旅サポーターになっていただき、ご一緒に、高齢者・障がい者などが自由に、安全に安心して旅(外出を含む)のできる社会を目指して行きたいと思っております。
 一昨年から当会は全員会員制となり、旅サポーターも会員になっていただくことになりました。正会員又は賛助会員のいずれかをお選びいただき、講座費用と共に年会費をお振り込み込ください。

 皆様のお知り合いや、旅サポートに興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお誘いくださいますようにお願い致します。

●日時:2017年2月25日(土)、26日(日) 10:00〜18:30/10:00〜19:00
●会場:世田谷ボランテイアセンター 研修室(予定)
東京都世田谷区下馬2-20-14 電話 03-5712-5101
※東急田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅下車徒歩12分(地図参照)
※当会場は10:00開場となりますので、オリエンテーションは行いません。
地図

●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-6300-9191
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●定員:30名
●受講料:14,000円
(内、認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
●年会費 正会員¥3,000 賛助会員¥2,000
*ボランテイア保険は、初回のみ当団体が負担いたします。次年度からは各自ご負担いただきますようにお願いいたします。(¥300)
*なお、当日、講師の変更、授業時間割の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食(会場周辺にレストランやコンビニがあります) 飲み物
●服装:25、26日の両日に実習がありますので、動きやすい服装ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
※25、26日いずれかの昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真)を行います。
主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会

●講座申し込み(下記内容に記載してお申し込みください)

申込書Jpegデータ
申込書(Jpegデータ)
申込書PDFデータ
申込書(PDFデータ)

●カリキュラム

2017年2月25日(土)
10:00〜11:30 「高齢者、障がいのある方に向けた鉄道の旅」
運輸調査局 情報センター 部長 曽我 治夫
11:30〜12:30 昼食
12:30〜14:30 座学/実習「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
NPO法人ことばの道案内 副理事長  押見 敏昭
14:40〜16:10 「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師 小野 鎮
16:20〜18:20 「高齢者、障がい者が旅(航空機利用を含む)をする際の留意点  旅行会社勤務時代に学んだこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 室井 孝王
18:20〜18:50 「旅サポーターの仕事と流れ、NPOの取り組み」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事長 久保田 牧子
2017年2月26日(日)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者の理解と対応 旅行は大きなインパクト」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 /三軒茶屋リハビリクリニック 院長 長谷川 幹
12:00〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:30 「障がい者・高齢者 当事者からのメッセージ」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 滝口 仲秋
14:40〜16:10 「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 長橋 正巳
16:20〜18:50 座学/実習「障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
三軒茶屋リハビリクリニック(理学療法士)  中島 鈴美

↑このページの先頭に

 

2016年8月 旅サポーター養成講座参加者募集(養成講座修了しました!)

 来る8月27日&28日で開催されました「旅サポーター養成講座」は盛会のうち終了。
北海道から鹿児島までの方の参加がありました。
日本の北から南まで旅サポーターがだんだん増えることにより、ますます、ご障害を有する方々やご高齢者の皆様に安全、安心、楽しい旅を楽しんでいただけることになるでしょう。

●次回の養成講座は、来年の2月の予定です。

養成講座


 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいを有する方々の旅(外出を含む)をサポートするために、"旅サポーター"を育成、認定しています。
 「旅」は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために"旅サポーター"の養成講座を受けていただいております。
 8月27日(土曜日)28日(日曜日)に、平成28年第9回目の「旅サポーター養成講座」を開催することになりました。今回も会場は世田谷ボランテイアセンターの予定です。

 年2回、定期的に養成講座を開催でき、お陰様で、"旅サポーター"も現在300名を超えました。ご利用者に関しましては、年々、新規利用の方やリピーターの方々が増え、特に着地でのサポートが多くなっています。ご利用者様のご要望にきめ細かく応じるためにも、多くの方に仲間になっていただきたいと思っております。
 また、2020年の東京オリンピック&パラリンピックをきっかけとして、外国からの観光客も増えているようです。そこで私たちも、国内のご利用者の方々をはじめ、日本に来られる海外の障害を有する方々や高齢者など支援を必要としている方々のお役に立つように、今年の5月に、東京ユニバーサルツーリズムセンターを設立し、平成27年12月15日(火)には、東京・江東区でフォーラムを開催いたしました。
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会がなくなってしまうわけではなく、仲間のNPOとして協力し合い、ますます大きく羽ばたくためのものです。
 多くの方々に、旅サポーターになっていただき、ご一緒に、高齢者・障がい者などが行きたいと思ったときに行きたい場所へ、安全に安心して旅(外出を含む)に出かけられる社会を目指していただきたいものです。そのために私たちはできる限りのお手伝いをしています。
 昨年から、旅サポーターも会員になっていただくことになりました。正会員又は賛助会員のいずれかをお選びいただき、講座費用と共に年会費をお振り込み込ください。

 皆様のお知り合いや、旅サポートに興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞご一緒に受講をしていただけますようにお願い致します。

●日時:2016年8月27日(土)、28日(日) 10:00〜18:50/10:00〜19:00
●会場:世田谷ボランテイアセンター 研修室(予定)
東京都世田谷区下馬2-20-14 電話 03-5712-5101
※東急田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅下車徒歩12分(地図参照)
※当会場は10:00開場となりますので、オリエンテーションは行いません。
地図

●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-6300-9191
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●定員:30名
●受講料:14,000円
(内、認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
●年会費 正会員¥3,000 賛助会員¥2,000
*ボランテイア保険は、初回のみ当団体が負担いたします。次年度からは各自ご負担いただきますようにお願いいたします。(¥300)
*なお、当日、講師の変更、授業時間割の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食(会場周辺にレストランやコンビニがあります) 飲み物
●服装:27、28日の両日に実習がありますので、動きやすい服装ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
※27、28日いずれかの昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真)を行います。
主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会

●講座申し込み(下記内容に記載してお申し込みください)

申込書Jpegデータ
申込書(Jpegデータ)
申込書PDFデータ
申込書(PDFデータ)

●カリキュラム

2016年8月27日(土)
10:00〜11:30 「高齢者、障がいのある方に向けた鉄道の旅」
運輸調査局 情報センター 部長 曽我 治夫
11:30〜12:30 昼食
12:30〜14:30 「高齢者、障がい者が旅(航空機利用を含む)をする際の留意点  旅行会社勤務時代に学んだこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 室井 孝王
14:40〜16:10 「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師 小野 鎮
16:20〜18:20 座学/実習「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
NPO法人ことばの道案内 副理事長  押見 敏昭
18:20〜18:50 「旅サポーターの仕事と流れ、NPOの取り組み」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事長 久保田 牧子
2016年8月28日(日)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者の理解と対応 旅行は大きなインパクト」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 /三軒茶屋リハビリクリニック 院長 長谷川 幹
12:00〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:30 「障がい者・高齢者 当事者からのメッセージ」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 滝口 仲秋
14:40〜16:10 「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 長橋 正巳
16:20〜18:50 座学/実習「障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
三軒茶屋リハビリクリニック(理学療法士)  中島 鈴美

↑このページの先頭に

 

2016年2月 旅サポーター養成講座参加者募集

 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいを有する方々の旅(外出を含む)をサポートするために、"旅サポーター"を育成、認定しています。
 旅は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために"旅サポーター"の養成講座を受けていただいております。
 2月20日(土曜日)21日(日曜日)に、平成28年第1回目の「旅サポーター養成講座」を開催することになりました。今回も会場は世田谷ボランテイアセンターの予定です。

 年2回、定期的に養成講座を開催でき、お陰様で、"旅サポーター"も現在300名を超えました。ご利用者に関しましては、年々、新規利用の方やリピーターの方々が増え、特に着地でのサポートが多くなっています。ご利用者様のご要望にきめ細かく応じるためにも、多くの方に仲間になっていただきたいと思っております。
 また、2020年の東京オリンピック&パラリンピックをきっかけとして、外国からの観光客も増えているようです。そこで私たちも、国内のご利用者の方々をはじめ、日本に来られる海外の障がいを有する方々や高齢者など支援を必要としている方々のお役に立つように、今年の5月に、東京ユニバーサルツーリズムセンターを設立し、平成27年12月15日(火)には、東京・江東区でフォーラムを開催いたします。
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会がなくなってしまうわけではなく、仲間のNPOとして協力し合い、ますます大きく羽ばたくためのものです。
 多くの方々に、旅サポーターになっていただき、ご一緒に、高齢者・障がい者などが自由に、安全に安心して旅(外出を含む)のできる社会を目指して行きたいと思っております。
 昨年から、旅サポーターも会員になっていただくことになりました。正会員又は賛助会員のいずれかをお選びいただき、講座費用と共に年会費をお振り込み込ください。

 皆様のお知り合いや、旅サポートに興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお誘いくださいますようにお願い致します。

●日時:2016年2月20日(土)、21日(日) 10:00〜18:30/10:00〜18:50
●会場:世田谷ボランテイアセンター 研修室(予定)
東京都世田谷区下馬2-20-14 電話 03-5712-5101
※東急田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅下車徒歩12分(地図参照)
※当会場は10:00開場となりますので、オリエンテーションは行いません。
地図

●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-3716-8505
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●定員:30名
●受講料:14,000円
(内、認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
●年会費 正会員¥3,000 賛助会員¥2,000
*ボランテイア保険は、初回のみ当団体が負担いたします。次年度からは各自ご負担いただきますようにお願いいたします。(¥300)
*なお、当日、講師の変更、授業時間割の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食(会場周辺にレストランやコンビニがあります) 飲み物
●服装:20、21日の両日に実習がありますので、動きやすい服装ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
※20、21日いずれかの昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真)を行います。
主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会

●講座申し込み(下記内容に記載してお申し込みください)

申込書Jpegデータ
申込書(Jpegデータ)
申込書PDFデータ
申込書(PDFデータ)

●カリキュラム

2016年2月20日(土)
10:00〜11:30 「高齢者、障がいのある方に向けた鉄道の旅」
運輸調査局 情報センター 部長 曽我 治夫
11:30〜12:30 昼食
12:30〜14:30 「高齢者、障がい者が旅(航空機利用を含む)をする際の留意点  旅行会社勤務時代に学んだこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 室井 孝王
14:40〜16:10 「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師 小野 鎮
16:20〜18:50 座学/実習「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
NPO法人ことばの道案内 副理事長  押見 敏昭
2016年2月21日(日)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者の理解と対応 旅行は大きなインパクト」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 /三軒茶屋リハビリクリニック 院長 長谷川 幹
12:00〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:30 「障がい者・高齢者 当事者からのメッセージ」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事 滝口 仲秋
14:40〜16:10 「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 長橋 正巳
16:20〜18:20 座学/実習「障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
三軒茶屋リハビリクリニック(理学療法士)  中島 鈴美

18:20〜18:50 「旅サポーターの仕事と流れ、NPOの取り組み」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事長  久保田 牧子

↑このページの先頭に

 

2015年8月 旅サポーター養成講座参加者募集(募集を終了しました)

今年2回目の養成講座です。東京開催です。
旅サポーターになって、2020年のオリンピック&パラリンピックに国内外の方々をおもてなしいたしましょう。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいを有する方々の旅(外出を含む)をサポートするために、"旅サポーター"を育成、認定しています。
 旅は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために"旅サポーター"の養成講座を受けていただいているとご理解ください。
 8月22日(土曜日)23日(日曜日)に、平成27年第2回目の「旅サポーター養成講座」を開催することになりました。今回も会場は世田谷ボランテイア協会研修室です。

 年2回、定期的に養成講座を開催でき、お陰様で、"旅サポーター"も現在290名となりました。ご利用者に関しましては、年々、新規利用の方やリピーターの方々が増え、特に着地でのサポートが多くなっています。ご利用者様のご要望にきめ細かく応じるためにも、多くの方に仲間になっていただきたいと思っております。
 また、2020年の東京オリンピック&パラリンピックを第一の目標として、東京へ来られる国内外の障がいを有する方々や高齢者など支援を必要としている方々のお役に立つように、今年の5月に、東京ユニバーサルツーリズムセンターを設立しました。
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会がなくなってしまうわけではなく、仲間のNPOとして協力し合い、ますます大きく羽ばたけると思っています。
 多くの方々に、旅サポーターになっていただき、ご一緒に、高齢者・障がい者などが自由に、安全に安心して旅(外出を含む)のできる社会を目指して行きたいと思っております。
 昨年から、旅サポーターも会員になっていただくことになりました。生会員又は賛助会員のいずれかをお選びいただき、講座費用と共に年会費をお振り込み込ください。

 皆様のお知り合いや、旅サポートに興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお誘いくださいますようにお願い致します。

 皆様のお知り合いや、旅サポートに興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお誘いくださいますようにお願い致します。

●日時:2015年8月22日(土)、23日(日) 10:00〜18:30/10:00〜18:50
●会場:世田谷ボランテイア協会 研修室
東京都世田谷区下馬2-20-14 電話 03-5712-5101
※東急田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅下車徒歩12分(地図参照)
※当会場は10:00開場となりますので、オリエンテーションは行いません。
地図

●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-3716-8505
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●定員:30名
●受講料:14,000円
(内、認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
※なお、当日、講師の変更、授業内容の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●年会費 正会員¥3,000 賛助会員¥2,000 (入会金免除)
*ボランテイア保険は、初回のみ当団体が負担いたします。次年度からは各自ご負担いただきますようにお願いいたします。(¥300)
*なお、当日、講師の変更、授業時間割の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食(会場周辺にレストランやコンビニがあります) 飲み物
●服装:22、23日の両日に実習がありますので、動きやすい服装ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
※22、23日いずれかの昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真)を行います。
主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会

●講座申し込み(下記内容に記載してお申し込みください)

申込書Jpegデータ
申込書(Jpegデータ)
申込書PDFデータ
申込書(PDFデータ)

●カリキュラム

2015年8月22日(土)
10:00〜11:30 「高齢者、障がいのある方に向けた鉄道の旅」
運輸調査局 情報センター 部長 曽我 治夫
11:30〜12:30 昼食
12:30〜14:30 「高齢者、障がい者の理解と対応 旅行は大きなインパクト」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 /三軒茶屋リハビリクリニック 院長 長谷川 幹
14:40〜16:10 「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師 小野 鎮
16:20〜18:50 座学/実習「障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
三軒茶屋リハビリクリニック(理学療法士)  中島 鈴美
2015年8月23日(日)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者が旅(航空機利用を含む)をする際の留意点  旅行会社勤務時代に学んだこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 室井 孝王
12:00〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:30 「障がい者・高齢者 当事者からのメッセージ」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事 滝口 仲秋
14:40〜16:10 「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 長橋 正巳
16:20〜18:20 座学/実習「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
NPO法人ことばの道案内 副理事長  押見 敏昭

18:20〜18:50 「旅サポーターの仕事と流れ、NPOの取り組み」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事長  久保田 牧子

↑このページの先頭に

 

2015年3月 旅サポーター養成講座のご案内(募集を終了しました)

平成27年の第1回目の養成講座を開催いたします。今回は西伊豆からの要請で、温泉
とダイビングで有名な松崎町での開催です。今までできなかった入浴介助の実習も行
います。
すでに旅サポーターとして活躍している方々にも、入浴介助だけの参加をしていただ
けます。ぜひスキルアップの講座としてもご参加ください。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいを有する方々の旅(外出を含む)をサポートするために、"旅サポーター"を育成、認定しています。
 旅は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために"旅サポーター"の養成講座を受けていただいているとご理解ください。
 3月14日(土曜日)15日(日曜日)に、平成27年第1回目の「旅サポーター養成講座」を開催することになりました。今回の開催地は西伊豆・松崎です
西伊豆からのご依頼を受けての開催です。温泉地なので、入浴介助をカリキュラムに入れました。ご期待ください。

 年2回、定期的に養成講座を開催でき、お陰様で、"旅サポーター"も現在235名となりました。ご利用者に関しましては、新規利用の方やリピーターの方々が昨年の倍層となりました。これを励みに、ますますご利用者様のご要望にきめ細かく応じるためにも、多くの方に仲間になっていただきたいと思っております。
 
 昨年から2020年の東京オリンピック&パラリンピックを第一の目標として、東京へ来られる国内外の障がいを有する方々や高齢者など支援を必要としている方々のお役に立つように、東京ユニバーサルツーリズムセンター(東京を設立、現在NPOの申請をしています。
 東京UTCでは、主に東京及び東京近郊のニバーサルツーリズム関連の情報収集をし、情報集中センターの役割をし、NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、人的サポートや福祉機器の手配などを中心に活動して、お互いに協力し合い、ますます皆様のお役に立てるようにしたいと思っております。
 多くの方々に、旅サポーターになっていただき、ご一緒に、高齢者・障がい者などが自由に、安全に安心して旅(外出を含む)のできる社会を目指して行ましょう!

 皆様のお知り合いや、旅サポートに興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお誘いくださいますようにお願い致します。

●日時:2015年3月14日(土)、15日(日) 9:30〜19:30/8:30〜15:30
●会場:ふれあいホール(松崎町生涯学習センター 4階)
静岡県賀茂郡松崎町宮内301−1  松崎町役場隣り
電話 090−5000−4284(担当奥田)
※伊豆急行下田下車
※各地方からご参加の方は、14日は現地での宿泊となります。

●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-3716-8505
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●受講料:18,000円
(内、認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
※受講料のほかに、ボランティア保険料 ¥300 賛助会員年会費 ¥2,000 をお支払いいただきます。
※なお、当日、講師の変更、授業時間割の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食(会場周辺にレストランやコンビニがあります) 飲み物
●服装:14日、 15日の両日に実習があります。入浴介助の実習では、半そで、短パンをご用意ください。そのほかの実習には動きやすい服装、靴(スニーカーなど)。
※14、15日いずれかの昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真)を行います。
主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会

●講座申し込み(下記内容に記載してお申し込みください)

申込書Jpegデータ
申込書(Jpegデータ)
申込書PDFデータ
申込書(PDFデータ)

●カリキュラム

2015年3月14日(土)
9:30〜11:00 「高齢者、障がいのある方に向けた鉄道の旅」
運輸調査局 情報センター 部長 曽我 治夫
11:10〜12:40 「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師 小野 鎮
12:40〜13:20 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:20〜17:20 座学/実習「障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
*車椅子介助、入浴介助の実習有
三軒茶屋リハビリクリニック 理学療法士  中島 鈴美
17:30〜19:30 「高齢者、障がい者の理解と対応 旅行は大きなインパクト」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 /三軒茶屋リハビリクリニック 院長 長谷川 幹
2015年3月15日(日)
8:30〜10:30 「高齢者、障がい者が旅(航空機利用を含む)をする際の留意点  旅行会社勤務時代に学んだこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 室井 孝王
10:40〜12:10 「障がい者・高齢者 当事者からのメッセージ」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事 滝口 仲秋
12:10〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:30 「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 長橋 正巳
14:40〜16:40 座学/実習「障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
認定NPO法人ことばの道案内 副理事長  押見 敏昭
16:40〜17:30 「旅サポーターの仕事とNPOの取り組み」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事長  久保田 牧子

↑このページの先頭に

 

2014年9月 旅サポーター養成講座参加者募集(募集を終了しました)

 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいを有する方々の旅(外出を含む)をサポートするために、"旅サポーター"を育成、認定しています。
 旅は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために"旅サポーター"の養成講座を受けていただいているとご理解ください。
 9月6日(土曜日)7日(日曜日)に、平成26年第2回目の「旅サポーター養成講座」を開催することになりました。今回も会場は世田谷ボランテイア協会1階研修室です。

 年2回、定期的に養成講座を開催でき、お陰様で、"旅サポーター"も現在210名となりました。ご利用者に関しましては、年々、新規利用の方やリピーターの方々が増え、特に着地でのサポートが多くなっています。ご利用者様のご要望にきめ細かく応じるためにも、多くの方に仲間になっていただきたいと思っております。
 また、2020年の東京オリンピック&パラリンピックを第一の目標として、東京へ来られる国内外の障がいを有する方々や高齢者など支援を必要としている方々のお役に立つように、今年の5月に、東京ユニバーサルツーリズムセンターを設立しました。
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会がなくなってしまうわけではなく、仲間のNPOとして協力し合い、ますます大きく羽ばたけると思っています。
 多くの方々に、旅サポーターになっていただき、ご一緒に、高齢者・障がい者などが自由に、安全に安心して旅(外出を含む)のできる社会を目指して行きたいと思っております。

 皆様のお知り合いや、旅サポートに興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお誘いくださいますようにお願い致します。

●日時:2014年9月6日(土)、7日(日) 10:00〜18:30/10:00〜18:30
●会場:世田谷ボランテイア協会 1階研修室 (予定)
東京都世田谷区下馬2-20-14 電話 03-5712-5101
※東急田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅下車徒歩12分(地図参照)
※当会場は10:00開場となりますので、オリエンテーションは行いません。
 会場へは、5分前頃から入ることが出来ます。
地図

●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-3716-8505
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●受講料:14,000円
(内訳、講座料12,000円 認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
※なお、当日、講師の変更、授業内容の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食(会場周辺にレストランやコンビニがあります) 飲み物(会場内に自販機があります)
●服装:6、7日の両日に実習がありますので、動きやすい服装ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
※6、7日いずれかの昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真・バストアップ)を行います。
主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会
共催:一般社団法人クオルトン研究所

●講座申し込み(下記内容に記載してお申し込みください)

申込書Jpegデータ
申込書(Jpegデータ)
申込書PDFデータ
申込書(PDFデータ)

●カリキュラム

2014年9月6日(土)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者の理解と対応 旅行は大きなインパクト」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 /三軒茶屋リハビリクリニック 院長 長谷川 幹
12:00〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:30 「高齢者、障がいのある方に向けた鉄道の旅」
運輸調査局 情報センター 部長 曽我 治夫
14:40〜16:10 「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師 小野 鎮
16:20〜18:20 座学/実習「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
NPO法人ことばの道案内 副理事長  押見 敏昭
18:20〜18:50 「旅サポーターの仕事とNPOの取り組み」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事長  久保田 牧子
2014年9月7日(日)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者が旅(航空機利用を含む)をする際の留意点  旅行会社勤務時代に学んだこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 室井 孝王
12:00〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:30 「障がい者・高齢者 当事者からのメッセージ」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事 滝口 仲秋
14:40〜16:10 「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 長橋 正巳
16:20〜18:50 座学/実習「障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
公益社団法人神奈川県理学療法士会会長(理学療法士)  秋田 裕

↑このページの先頭に

 

2月 旅サポーター養成講座参加者募集 2014/2/15・16(募集を終了しました)

   NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいを有する方々の旅(外出を含む)をサポートするために、“旅サポーター”を育成、認定しています。
 旅は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために“旅サポーター”の養成講座を受けていただいているとご理解ください。
 2月15日(土曜日)16日(日曜日)に、平成26年第1回目の「旅サポーター養成講座」を開催することになりました。今回も会場は世田谷ボランテイア協会研修室の予定です。

 年2回、定期的に養成講座を開催でき、お陰様で、“旅サポーター”も約200名となりました。ご利用者に関しましては、年々、新規利用の方やリピーターの方々が増え、特に着地でのサポートが多くなっています。ご利用者様のご要望にきめ細かく応じるためにも、多くの方に仲間になっていただきたいと思っております。
また、今年は、読売新聞社 読売光と愛の事業団主催「福祉文化大賞」大賞を弊NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会がいただけることになり、これから旅サポーターとしてご一緒していただける方々に、うれしいご報告が出来たことを、心よりうれしく思っております。

 皆様のお知り合いや、旅サポートに興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお誘いくださいますようにお願い致します。

●日時:2014年2月15日(土)、16日(日) 10:00〜18:00/10:00〜18:20
●会場:世田谷ボランテイア協会 1階研修室 (予定)
東京都世田谷区下馬2-20-14 電話 03-5712-5101
※東急田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅下車徒歩12分(地図参照)
※当会場は10:00開場となりますので、オリエンテーションは行いません。
 会場へは、5分前頃から入ることが出来ます。
地図

●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-3716-8505
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●受講料:14,000円
(内訳、講座料12,000円 認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
※なお、当日、講師の変更、授業内容の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食(会場周辺にレストランやコンビニがあります) 飲み物(会場内に自販機があります)
●服装:15、16日の両日に実習がありますので、動きやすい服装ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
※15、16日いずれかの昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真・バストアップ)を行います。
主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会
共催:一般社団法人クオルトン研究所

●講座申し込み(下記内容に記載してお申し込みください)

申込書Jpegデータ
申込書(Jpegデータ)
申込書PDFデータ
申込書(PDFデータ)

●カリキュラム

2014年2月15日(土)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者の理解と対応 旅行は大きなインパクト」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 /三軒茶屋リハビリクリニック 院長 長谷川 幹
12:00〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:30 「高齢者、障がいのある方に向けた鉄道の旅」
運輸調査局 情報センター 部長 曽我 治夫
14:40〜15:40 「障がい者・高齢者 当事者からのメッセージ」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 滝口 仲秋
15:50〜17:50 座学/実習「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
NPO法人ことばの道案内 副理事長  押見 敏昭
17:50〜18:30 「旅サポーターの仕事とNPOの取り組み」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事長  久保田 牧子
2014年2月16日(日)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者が旅(航空機利用を含む)をする際の留意点  旅行会社勤務時代に学んだこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 室井 孝王
12:00〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:30 「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 長橋 正巳
14:40〜16:10 「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師 小野 鎮
16:20〜18:50 座学/実習「障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
公益社団法人神奈川県理学療法士会会長(理学療法士)  秋田 裕

↑このページの先頭に

 

8月 旅サポーター養成講座参加者募集 2013/8/24・25(終了しました)

  NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいを有する方々の旅(外出を含む)をサポートするために、“旅サポーター”を育成、認定しています。
 旅は誰にでもサポートできるものではありますが、安全なサポートの遂行とサポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために、“旅サポーター”の養成講座を受けていただいているとご理解ください。
 8月24日(土曜日)25日(日曜日)の2日間、今年第2回目の「旅サポーター養成講座」を開催することになりました。今回の会場は世田谷ボランテイア協会研修室の予定です。

 昨年、仙台でも養成講座を開催することが出来ました。
お陰様で、“旅サポーター”も現在約160名となりました。ご利用者に関しましては、新規利用の方やリピーターの方々が増え始めております(平成23年サポート回数約30件、24年約50件)。その方たちのご要望にきめ細かく応じるためにも、多くの方に仲間になっていただきたいと思っております。
皆様のお知り合いや、旅サポートに興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお誘いくださいますようにお願い致します。

●日時:2013年8月24日(土)、25日(日) 10:00〜18:30/10:00〜18:20
●会場:世田谷ボランテイア協会 2階会議室 (予定)
東京都世田谷区下馬2-20-14 電話 03-5712-5101
※東急田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅下車徒歩12分(地図参照)
※当会場は10:00開場となりますので、オリエンテーションは行いません。
 会場へは、5分前頃から入ることが出来ます。

●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-3716-8505
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●受講料:14,000円
(内訳、講座料12,000円 認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
※なお、当日、講師の変更、授業内容の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食(会場周辺にレストランやコンビニがあります) 飲み物(会場内に自販機があります)
●服装:24・25日の両日に実習がありますので、動きやすい服装(女性はズボン着用がベター)ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
※24日、25日いずれかの昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真・バストアップ)を行います。

主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会
共催:一般社団法人クオルトン研究所

●カリキュラム

2013年8月24日(土)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者の理解と対応」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 /三軒茶屋リハビリクリニック 院長 長谷川 幹
12:00〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:30 「高齢者、障がいのある方に向けた鉄道の旅」
運輸調査局 情報センター 部長 曽我 治夫
14:40〜16:10 座学/実習「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
NPO法人ことばの道案内 副理事長  押見 敏昭
16:10〜17:40 「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 長橋 正巳
17:50〜18:30 「旅サポーターの仕事とNPOの取り組み」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事長  久保田 牧子
2013年8月25日(日)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者が旅をする際の留意点 航空機/空港/海外のホテル側の対応&病気や障害を有する方への旅行社側の対策」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 室井 孝王
12:00〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:00 「重度障がい者・高齢者 当事者からのメッセージ」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 滝口 仲秋
14:10〜15:40 「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師 小野 鎮
15:50〜18:20 座学/実習「障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター 参事 理学療法士  秋田 裕

↑このページの先頭に

 

 

2月 旅サポーター養成講座参加者募集 2013/2/16・17(終了しました)

 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいを有する方々の旅(外出を含む)をサポートするために、“旅サポーター”を育成、認定しています。
 旅は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために“旅サポーター”の養成講座を受けていただいているとご理解ください。
 2月16日(土曜日)17日(日曜日)に、今年第1回目の「旅サポーター養成講座」を開催することになりました。今回の会場は世田谷ボランテイア協会研修室の予定です。

 昨年、仙台でも養成講座を開催することが出来ました。
 お陰様で、“旅サポーター”も約150名となりました。ご利用者に関しましては、新規利用の方やリピーターの方々が増え始めております。その方たちのご要望にきめ細かく応じるためにも、多くの方に仲間になっていただきたいと思っております。
 皆様のお知り合いや、旅サポートに興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお誘いくださいますようにお願い致します。

●日時:2013年2月16日(土)、17日(日) 10:00〜18:00/10:00〜18:20
●会場:世田谷ボランテイア協会 2階会議室 (予定)
東京都世田谷区下馬2-20-14 電話 03-5712-5101
※東急田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅下車徒歩12分(地図参照)
※当会場は10:00開場となりますので、オリエンテーションは行いません。

●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-3716-8505
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●受講料:14,000円
(内、認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
※なお、当日、講師の変更、授業内容の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食(会場周辺にレストランやコンビニがあります) 飲み物
●服装:16・17日の両日に実習がありますので、動きやすい服装ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
※16日、17日いずれかの昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真・バストアップ)を行います。

主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会
共催:一般社団法人クオルトン研究所

●カリキュラム

2013年2月16日(土)
10:00〜11:30 「高齢者、障がいのある方に向けた鉄道の旅」
運輸調査局 情報センター 部長  曽我 治夫
11:30〜12:30 昼食
*写真撮影(認定証用)
12:30〜14:00 「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師 小野 鎮
14:10〜16:10 「高齢者、障がい者が旅をする際の留意点 航空機/空港/海外のホテル側の対応&病気や障害を有する方への旅行社側の対策」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 室井 孝王
16:20〜17:50 実習「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
NPO法人ことばの道案内 副理事長  押見 敏昭
2013年2月17日(日)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者の理解と対応」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 /三軒茶屋リハビリクリニック 院長 長谷川 幹
12:00〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜14:30 「重度障害者・高齢者 本人からのメッセージ」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長 滝口 仲秋
14:40〜15:40 「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践Care Tourism」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 会員 長橋 正巳
15:50〜18:20 実習「障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター 参事 理学療法士  秋田 裕

↑このページの先頭に

 

 

9月 旅サポーター養成講座 in  Sendai 参加者募集 2012/9/22・23(終了しました)

 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいを有する方々の旅(外出を含む)をサポートするために、“旅サポーター”を育成、認定しています。
 旅は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために“旅サポーター”の養成講座を受けていただいているとご理解ください。

 なお、今年から「旅サポーター養成講座」を全国展開させていただくことになりました。まずは、東日本大震災でご縁がありました東日本からスタートしたいと思い、医療法人社団東北福祉会介護老人保健施設せんだんの丘様のご協力を得て、仙台市で9月22日・土曜日、23日・日曜日に開催いたします。
 皆様のお知り合いでお近くにお住まいの、旅サポートに興味のある方がいらっしゃいましたら、どうぞお誘いくださいますようにお願い致します。

●日時:2012年9月22日(土・祝日)、23日(日)  10:00〜18:10/17:40
●会場:宮城県仙台市 老人福祉施設「せんだんの丘」・東北福祉大学
〒981-8522 仙台市青葉区国見ヶ丘6丁目126番51
地図

●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-3716-8505
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●受講料:14,000円
(内、認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
※なお、当日、講師の変更、授業内容の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食 飲み物
●服装:23日に実習がありますので、動きやすい服装ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
※22日の昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真・バストアップ)を行います。
主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会
共催:一般社団法人クオルトン研究所

●カリキュラム

2012年9月22日(土)
9:00〜10:30 高齢者、障がいのある方の旅のために JR東日本が考えるこれからの旅の姿とバリアフリー(ユニバーサルデザイン)への取り組み」
JR東日本株式会社  曽我 治夫
10:40〜12:10 シルバー車いすからのメッセージ」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長  滝口 仲秋
12:10〜13:00 昼食
*写真撮影(認定証用)
13:00〜15:00 「高齢者、障がい者の理解と対応」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会副理事長/
三軒茶屋リハビリクリニック院長  長谷川 幹
15:10〜16:40 「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師  小野 鎮 実習
2012年9月23日(日)
9:00〜10:00 「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践Care Tourism」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 会員  長橋 正巳
10:10〜12:10 「高齢者、障がい者が旅をする際の留意点  航空機/空港/海外のホテル側の対応&病気や障害を有する旅行社側の対策」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 室井 孝王
12:10〜13:00 昼食
13:00〜15:00 「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
NPO法人ことばの道案内 副理事長  押見 敏昭
15:10〜17:40 実習「片マヒの障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター 参事 理学療法士  秋田 裕

↑このページの先頭に

 

 

8月 旅サポーター養成講座参加者募集 2012/8/25・26(終了しました)

 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいを有する方々の旅(外出を含む)をサポートするために、“旅サポーター”を育成、認定しています。
 旅は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために“旅サポーター”の養成講座を受けていただいているとご理解ください。
 8月25日(土曜日)26日(日曜日)に、今年第2回目の「旅サポーター養成講座」を開催することになりました。今回の会場は世田谷ボランテイア協会です。

●日時:2012年8月25日(土)、26日(日)  10:00〜18:10/17:40
●会場:世田谷ボランテイア協会 2階会議室
東京都世田谷区下馬2-20-14 電話 03-5712-5101
※東急田園都市線/世田谷線 三軒茶屋駅下車徒歩12分(地図参照)
※当会場は10:00開場となりますので、オリエンテーションは行いません。
●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-3716-8505
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●受講料:14,000円
(内、認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
※なお、当日、講師の変更、授業内容の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食(会場周辺にレストランやコンビニがあります) 飲み物
●服装:26日に実習がありますので、動きやすい服装ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
※25日の昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真・バストアップ)を行います。

主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会
共催:一般社団法人クオルトン研究所

●カリキュラム

2012年8月25日(土)
10:00〜12:00 「高齢者、障がい者の理解と対応」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会副理事長/
三軒茶屋リハビリクリニック院長  長谷川 幹
12:00〜12:50 昼食
*写真撮影(認定証用)
12:50〜14:50 「高齢者、障がい者が旅をする際の留意点  航空機/空港/海外のホテル側の対応&病気や障害を有する旅行社側の対策」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事 室井 孝王
15:00〜16:30 高齢者、障がいのある方の旅のために JR東日本が考えるこれからの旅の姿とバリアフリー(ユニバーサルデザイン)への取り組み」
運輸調査局 情報センター 部長  曽我 治夫
16:40〜18:10 実習「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
NPO法人ことばの道案内 副理事長  押見 敏昭
2012年8月26日(日)
10:00〜11:30 シルバー車いすからのメッセージ」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長  滝口 仲秋
11:40〜12:40 「旅のサポート&ホスピタリティー 人にやさしい旅の実践Care Tourism」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 会員  長橋 正巳
12:40〜13:30 昼食
13:30〜15:00 「観光業についての理解 ユニバーサルツーリズムの普及を目指して」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師  小野 鎮
15:10〜17:40 実習「片マヒの障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター 参事 理学療法士  秋田 裕

↑このページの先頭に

 

 

旅サポーター養成講座参加者募集 2012/5/19・20(終了しました)

 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいをお持ちの方々の旅(外出を含む)をサポートするために、“旅サポーター”を育成、認定しています。
 旅は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために“旅サポーター”を育成しているとご理解ください。

 お陰さまで、昨年来開催いたしております「旅サポーター養成(ブラッシュアップ)講座」は大変好評で、たくさんの方々に講座に参加をしていただいております。現在、旅サポーターさんは男女合わせて87名が登録。少しずつではありますが活躍の場を広げ、サポートさせていただいたご高齢者や障がいをお持ちの皆様から、感謝されております。

 5月に、今年第1回目の「旅サポーター養成(ブラッシュアップ)講座」を開催することになりました。
 なお、昨年から年2回、2月と8月に定期的に開催していますが、今年は会場及び諸先生方のご都合により5月に延期させていただきますことを、深くお詫びいたします。

 この講座は旅サポーターを新たに育成することを目的とするばかりではなく、現在サポーターとして活躍している方々の、いままでに勉強されたサポーティング基礎の確認とビルトアップするための内容を盛り込み、旅サポーターのブラッシュアップに役立つスペシャル講座という位置づけでもあります。
 旅を医学的立場からお話くださる長谷川幹先生をはじめ、ユニバーサルツーリズムや在宅リハビリテーションでは豊富な経験と知識にあふれる、魅力ある講師陣が、濃縮した授業内容をわかりやすく講義致します。
 講義内容以外でも、日ごろ疑問に感じていることがありましたら、この機会に質問し、一挙に解決してください。
 2日目の午後には実習をとおして高齢者や障がいを有するということを体験していただき、サポートに役に立てていただきたいと思っております。
 2日間にわたる講座です。皆様が仲間となり、楽しく勉強していただけるように準備しております。多数のご参加をお待ちいたしております。

●日時:2012年5月19日(土)、20日(日)  9:00〜16:30
 ※初日当日は、授業前にオリエンテーションを行いますので、10分前にご集合ください。
●会場:横浜市総合リハビリテーションセンター 4階研修室
 横浜市港北区鳥山町1770 
 ※JR新横浜駅(北口)下車徒歩15分
 ※当日はセンターがお休みの日に当たりますので、警備員のいる出入り口から入り、参加者名簿にチェックをお願い致します。
●申込方法:下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX:03-3716-8505
携帯:070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●受講料:14,000円
 (内、認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
 ※なお、当日、講師の変更、授業内容の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
●持ち物:筆記用具 昼食(土曜、日曜日はセンター内の食堂、売店がお休みなのでご用意ください) 飲み物(センター内に自販機があります)
●服装:2日目の7日は実習がありますので、動きやすい服装ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
 ※19日、20日、いずれかの昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真・バストアップ)を行います。

主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会
共催:一般社団法人クオルトン研究所

●プログラム

2012年5月19日(土)
8:45−9:00 オリエンテーション
9:00−11:00 「高齢者、障がい者の理解と対応」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会副理事長/
三軒茶屋リハビリクリニック  長谷川 幹
11:10−12:30 「高齢者、障がい者から見た旅とサポーティングのあり方/サポートされる気持ち」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長  滝口 仲秋
12:30−13:10 昼食
13:10−15:20 「観光業とユニバーサルツーリズム」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師  小野 鎭(まもる)
15:20−16:20 「旅のサポーティング&ホスピタリティー/旅サポーターとしてやるべきこと&やってはいけないこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 会員  長橋 正巳
2012年5月20日(日)
9:00−11:00 「高齢者、障がい者が旅をする際の留意点ー航空機/空港/海外のホテル側の対応&病気や障害を有する旅行社側の対策」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事
室井 孝王
11:10−12:20 JR東日本の創客戦略〜バリアフリー(ユニバーサルデザイン)への取り組み
JR東日本株式会社 曽我 治夫
12:20−13:00 昼食
13:00−14:20 「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター 生活支援課長  大場 純一
14:30−17:00 「片マヒの障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター参与 理学療法士  秋田 裕

↑このページの先頭に

 

 

旅サポーター養成講座参加者募集 2011/8/6、7(終了しました)

●プログラム(終了しました)

2011年8月6日(土)
8:50−9:00 オリエンテーション
9:10−11:10 「高齢者、障がい者の理解と対応」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会副理事長/
桜新町リハビリクリニック院長  長谷川 幹
11:20−12:40 JR東日本の創客戦略〜バリアフリー(ユニバーサルデザイン)への取り組み
JR東日本株式会社横浜支社営業部長  曽我 治夫
12:40−13:40 昼食
13:40−15:20 「観光業とユニバーサルツーリズム」
元駿台トラベル&ホテル専門学校 講師  小野 鎭(まもる)
15:30−16:30 「旅のサポーティング&ホスピタリティー/旅サポーターとしてやるべきこと&やってはいけないこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事  長橋 正巳
2011年8月7日(日)
9:00−11:00 「高齢者、障がい者が旅をする際の留意点」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 理事
  室井 孝王
11:10−12:10 「高齢者、障がい者から見た旅とサポーティングのあり方」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 副理事長  滝口 仲秋
12:10−13:00 昼食
13:00−14:30 「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター 生活支援課長  大場 純一
14:40−17:10 「片マヒの障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター参与 理学療法士  秋田 裕

↑このページの先頭に

 

 

旅サポーター養成講座参加者募集 2011/2/12、13(終了しました)

 2011年も旅サポーター養成講座を開催いたします。
 75名の仲間と共に、皆様もご高齢者や障害をお持ちの方々のたびをサポートしてみませんか。
 素敵な講師陣をそろえて、ご参加をお待ち致しております。
 なお、今年からは定期的に、2月・8月の年2回の開催を予定しております。

●日時:2011年2月12日(土)、13日(日)
●会場:横浜市総合リハビリテーションセンター 4階研修室
 横浜市港北区鳥山町1770 
 ※JR新横浜駅下車徒歩15分
●申込方法:携帯電話、またはFAXで。
 070-5081-7404
(久保田牧子)FAX 03-3716-8505
●受講料:14,000円
 (内、認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
 ※なお、当日、講師の変更、授業内容の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。

主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会

●プログラム(終了しました)

2011年2月12日(土)
8:50−9:00 オリエンテーション
9:00−11:00 「高齢者、障がい者の理解と対応」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会副理事長/
桜新町リハビリクリニック院長 長谷川 幹
11:00−12:10 JR東日本の創客戦略〜バリアフリー(ユニバーサルデザイン)への取り組み
JR東日本株式会社 最明(さいみょう) 仁
12:10−13:10 昼食
13:10−14:40 「観光業とユニバーサルツーリズム」
駿台トラベル&ホテル専門学校講師 小野 鎭(まもる)
14:50−15:50 「旅のサポートとホスピタリティー/旅サポーターとしてやるべきこととやってはいけないこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 会員 長橋 正巳
2011年2月13日(日)
9:00−11:00 「高齢者、障がい者が旅をする際の留意点」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会相談役/
旅のコンシェルジュ 室井 孝王
11:10−12:10 「高齢者、障がい者から見た旅とサポーティングのあり方」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会副理事長 滝口 仲秋
12:10−13:00 昼食
13:00−14:30 「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター生活支援課課長 大場 純一
14:40−17:00 「片マヒの障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
一般社団法人クオルトン研究所 秋田 裕

↑このページの先頭に

 

 

旅サポーターの養成講座参加者募集 2010/6/5、6 (終了しました)

 NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会では、高齢者や障がいをお持ちの方々の旅(外出を含む)をサポートするために、“旅サポーター”を育成、認定しています。
 旅は誰にでもサポートできるものではありますが、サポートされる方々やそのご家族、周りの方々に安心してサポートをゆだねていただくために“旅サポーター”を育成しているとご理解ください。

 お陰さまで、昨年来開催いたしております「旅サポーター養成(ブラッシュアップ)講座」は大変好評で、たくさんの方々に講座に参加をしていただいております。現在、旅サポーターさんは男女合わせて60名が登録。少しずつではありますが活躍の場を広げ、サポートさせていただいたご高齢者や障がいをお持ちの皆様から、感謝されております。

 9月4日、5日に、今年最後の「旅サポーター養成(ブラッシュアップ)講座」を開催することになりました。
 なお、今後は年2回、2月と8月に定期的に開催する予定です。

 この講座は旅サポーターを新たに育成することを目的とするばかりではなく、現在サポーターとして活躍している方々の、いままでに勉強されたサポーティング基礎の確認とビルトアップするための内容を盛り込み、旅サポーターのブラッシュアップに役立つスペシャル講座という位置づけでもあります。
 旅を医学的立場からお話くださる長谷川幹先生をはじめ、ユニバーサルツーリズムや在宅リハビリテーションでは豊富な経験と知識にあふれる、魅力ある講師陣が、濃縮した授業内容をわかりやすく講義致します。
 講義内容以外でも、日ごろ疑問に感じていることがありましたら、この機会に質問し、一挙に解決してください。
 2日目の午後には実習をとおして高齢者や障がいがあるということを体験していただき、サポートに役に立てていただきたいと思っております。

 2日間にわたる講座です。皆様が仲間となり、楽しく勉強していただけるように準備しております。多数のご参加をお待ちいたしております。

●日時
2010年9月4日(土)、5日(日) 9:00〜16:30
*当日は、授業前にオリエンテーションを行いますので、10分前にご集合ください。
●会場
横浜市総合リハビリテーションセンター 4階研修室
横浜市港北区鳥山町1770
*JR新横浜駅(北口)下車徒歩15分
*当日はセンターがお休みの日に当たりますので、警備員のいる出入り口から入り、参加者名簿にチェックをお願い致します。
●申込方法
下記の申し込み用紙に書き込み、FAXでお申し込みください。eメール、携帯電話でのお申し込みも受付いたします。
FAX 03-3716-8505
携帯 070-5081-7404(久保田牧子)
eメール:mail@tabisupport.org
●申込方法
14,000円(内、認定料:2,000円。2日間受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
*なお、当日、講師の変更、授業時間割の入れ替えをすることもありますので、ご了承ください。
持ち物:筆記用具 昼食(土曜、日曜日はセンター内の食堂、売店がお休みなのでご用意ください) 飲み物(センター内に自販機があります)
服装:両日とも実習がありますので、動きやすい服装ならびに履物(スニーカーなど)でご参加ください。
*4日、5日いずれかの昼休みに、認定証用の写真撮影(顔写真・バストアップ)を行います。

主催:NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会
共催:一般社団法人クオルトン研究所

●プログラム(終了しました)

2010年9月4日(土)
8:50−9:00 オリエンテーション
9:00−10:00 「JR東日本の創客戦略〜バリアフリー(ユニバーサルデザイン)の取り組み」
JR東日本東日本株式会社 最明(さいみょう) 仁
10:10−12:20 「高齢者、障がい者の理解と対応」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会副理事長/
桜新町リハビリクリニック院長 長谷川 幹
12:20−13:10 昼食
13:10−15:10 「観光業とユニバーサルツーリズム」
株式会社チックトラベルセンター ハートTOハート 松本 泰守
*この授業には特別実習があります。
15:20−16:20 「旅のサポーティング&ホスピタリティー/旅サポーターとしてやるべきこと&やってはいけないこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会 会員 長橋 正巳
2010年9月5日(日)
9:00−11:00 「高齢者、障がい者が旅をする際の留意点」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会相談役/
旅のコンシェルジュ 室井 孝王
11:10−12:10 「高齢者、障がい者から見た旅とサポーティングのあり方」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会副理事長 滝口 仲秋
12:10−13:00 昼食
13:00−14:20 実習「視覚に障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター 生活支援課長 大場 純一
14:30−16:30 実習「片マヒの障がいがある方へのサポーティングの理解と実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター 理学療法士 中川 淳一郎

↑このページの先頭に

 

 

※下記、2010年6月5日(土)、6日(日) 旅サポーターの養成(ブラッシュアップ)は終了しました。

旅サポーターの養成(ブラッシュアップ)講座参加者募集(終了しました)

 今年度も“旅サポーター”のブラッシュアップ講座を開催いたします。
今年から横浜市総合リハビリテーションセンターOBの田中理先生と秋田裕先生主催の一般社団法人 クオルトン研究所との共催となります。
 講座は2日間で、念願の実習を加わえて、さらに充実した講座となりました。
 ぜひご参加ください。

●日時
2010年6月5日(土)、6日(日)
●会場
横浜市総合リハビリテーションセンター 4階研修室、1階多目的ホール
横浜市港北区鳥山町1770 ※JR新横浜下車徒歩15分
●申込方法
電話またはFAXで申し込み。070-5081-7404(久保田牧子)FAX 03-3716-8505
●申込方法
14,000円(内、認定料:2,000円。受講すると「旅サポーター」の認定資格が授与されます)
●プログラム(終了しました)

2010年6月5日(土)
8:50−9:00 オリエンテーション
9:00−11:00 「高齢者、障がい者の理解と対応」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会副理事長/
桜新町リハビリクリニック院長 長谷川 幹
11:10−12:10 「観光業とユニバーサルツーリズム」
駿台トラベル&ホテル専門学校講師 小野 鎭
12:10−13:00 昼食
13:00−13:20 「上海万博のサポート」
(株)グロリアツアーズ
13:30−14:30 「JR東日本の創客戦略〜バリアフリー(ユニバーサルデザイン)の取り組み」
JR東日本 最明 仁
14:40−16:00 「旅のサポートとホスピタリティー/旅サポーターとしてやるべきこととやってはいけないこと」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会会員 長橋 正巳
2010年6月6日(日)
9:00−11:00 「高齢者、障がい者が旅をする際の留意点」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会相談役/
旅のコンシェルジュ 室井 孝王
11:10−12:10 「高齢者、障がい者から見た旅とサポーティングのあり方」
NPO法人高齢者・障がい者の旅をサポートする会副理事長 滝口 仲秋
12:10−13:00 昼食
13:00−14:00 「視覚障がいがある方へのサポーティングの実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター
14:10−16:00 「片マヒの障がいがある方へのサポーティングの実際」
横浜市総合リハビリテーションセンター

↑このページの先頭に


●法人概要
【法人名】
NPO法人[特定非営利活動法人] 高齢者・障がい者の旅をサポートする会
【理事長】
久保田 牧子
【所在地】
〒153-0064 東京都目黒区下目黒4-23-24
【E-mail】
mail@tabisupport.org
【ホームページ】
http://www.tabisupport.org
【電話番号・ファクス番号】
03-3716-8505


●活動趣旨
 広く一般の方々に、高齢者や障がい者の旅や外出に対する情報や、高齢者並びに障がい者の外出の機会を積極的に支援するための人的サポートを含め、誰もが外出や旅を楽しめるような情報を提供します。また、それをサポートする人々を育成し、より多くの人たちが外出できるような体制を作ることが目標の1つです。さらに、社会参加や生きがいの育成支援、高齢者・障がい者の社会参加のための支援の普及啓発活動を行なうことにより、本当の意味でのノーマライゼイションの確立に寄与することを目的としています。

●活動内容
1.バリアフリーの旅の情報提供(旅行中に使用する車いす等のご相談からツアーのご紹介等をも含む)
2.高齢者や障がい者の旅のヘルプ&サポート
3.旅のヘルプ&サポートをする人たちの育成

Copyright © 2008-2010 tabisupport.org All Right Reserved.

http://www.tabisupport.org

クリエイティブ・ハイブ